MISSIONEMEのミッション

EMEは、ラクダ単鎖抗体(VHH)やペプチドアプタマーといった次世代抗体分子を
高品質かつ短期間でデザインし、創薬や診断分野に貢献します。

創薬支援事業

mission-sp

創薬事業

GPCRに対する次世代抗体、ペプチドアプタマーの取得およびこれらを用いた医薬品開発

創薬支援事業サムネイル
創薬事業サムネイル

SOLUTIONEMEが提供するソリューション

埼玉大学にて開発された、試験管内高速分子進化技術であるcDNAディスプレイシステムを用い、
次世代抗体分子(ペプチドアプタマーラクダ科単鎖抗体; VHH)のスクリーニングの共同研究開発及び受託をしております。

抗体作製が困難な
GPCRに対する次世代抗体を
動物を使わずにデザインする

資料申請フォームへ


BUSINESS事業内容

  1. GPCRその他創薬標的に対する次世代抗体・ペプチドアプタマーの創薬支援事業(共同研究、アライアンス)
  2. 受託事業(次世代抗体、ペプチドアプタマー)
  3. cDNA display試薬販売
    ※EMEではアカデミック向けに、以下の製品を販売しております
    1)cDNA displayスクリーニングスターターキット(定価40万円;税抜き)
    2)cnvK リンカー(定価20万円;税抜き)

ABOUT USEMEについて

沿革

  • 1985年

    埼玉大学において、進化分子工学の研究が始まる

  • 1997年

    遺伝子型-表現型対応付け技術であるin vitro virus法の開発に成功(埼玉大学、三菱化学生命研)

  • 2008年

    cDNA display法の開発に成功(JST埼玉バイオプロジェクト/産総研/埼玉大学)

  • 2014年

    北陸先端科学技術大学院大学 藤本健造 教授との共同研究により、cDNA displayのハイスピード調製法を開発(埼玉大学)

  • 2015年

    cDNA displayハイスループットシステムの原理を特許出願(埼玉大学)

  • 2016年8月19日

    埼玉大学発バイオベンチャー企業として設立

  • 2017年4月1日

    埼玉大学オープンイノベーションセンター研究棟201室に事業所を設立

会社概要

  • 社名

    株式会社Epsilon Molecular Engineering
    Epsilon Molecular Engineering, Inc.

  • 本社

    埼玉県さいたま市

  • 代表者

    代表取締役社長 根本直人

  • 設立

    2016年8月19日

  • 資本金

    3113万円(資本準備金を含む)

  • 事業内容

    バイオテクノロジーの研究開発・受託事業
    コンサルタント、バイオ情報管理

  • 役員

    代表取締役 根本直人
    取締役   鍵山直人

科学技術顧問

  • 伏見譲

    進化分子工学

  • 藤本健造

    北陸先端科学技術大学院大学/核酸化学

  • 中井淳一

    埼玉大学/イメージング技術

  • 戸澤譲

    埼玉大学/タンパク質合成技術

  • 村上明一

    琉球大学/ライブラリ構築技術

  • 久保泰

    産業技術総合研究所/膜タンパク質


CONTACTお問い合わせ

pagetop